ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

学校のために学ぶんじゃない

                      f:id:Thosomich:20200806135834j:plain

                                       Nicht für die Schule lernen wir,

                                  sondern für das Leben.             

                学校のために俺たちは学ぶんじゃない、

                      人生のためだ。

 

ドイツのど真ん中ゲッティンゲンから最も近くにある城、プレッセ城(Plesse Burg)の麓にあるエディゲハウゼン(Eddigehausen)の村で見つけた言葉です。人生を生活と訳してもいいのかもしれませんね。

この言葉についてあれこれ調べてみると、元々は古代ギリシアの政治家で哲学者セネカが弟子に宛てた手紙の一節の、 Non vitae, sed scholae discimus というラテン語のようです。

しかし今回のドイツの言葉では、vitae と scholae が die Schüle と das Leben という風に入れ替わっています。

日本でテレビを見ていると、受験産業のCMをよく目にします。名のある大学に入れれば、より良い人生が拓けるのかもしれませんが、学校や大学で何を学ぶのかが大事ですよね。

コロナ禍の夏をドイツの味覚で

               f:id:Thosomich:20200803105400j:plain

国内旅行やお盆の帰省すらままならないコロナ禍の夏ですが、先日ドイツから嬉しい荷物が届きました。ここ数年、毎年のようにドイツでご厄介になっているお宅の奥様がアイレス(Eiles)のグルメコーヒー(粉)とシュヴァルタウ(SCHWARTAU)のヒムベアージャムを送ってくださいました。

昨年末にも奥様からはシュトレンやレープクーヘンなどを送っていただき、そのお礼として5月にご主人が最近はまっている日本の枝豆味のスナックを送りました。さらにお返しとして私の大好きなドイツのコーヒーとジャムが届きました。本当にありがたく嬉しいことです。

アイレスのコーヒーはドイツでは珍しい250g×2パックで、それを2つも送っていただきました。1パックを開封し密封容器に移しても、もう1パックは真空パックなので、とても使い勝手がいいのです。

梅雨が明けて暑い夏となりましたが、私は毎朝熱いコーヒーをドリップして飲みます。アイレスのグルメコーヒーは深めのローストで、起き抜けの頭にガツンと効いて目が覚めます。

シュバルタウは北ドイツにあるジャムのメーカーで、私の好きなブランドです。ヒムベアーとは、キイチゴラズベリー)のことですが、キイチゴだけできたジャムを日本のスーパーではなかなか見かけません。なのでドイツに行くたびに自宅用にジャムを買って帰ります。爽やかな酸味が美味しくて、私の大好物となりました。本当ならば、今年もドイツに行ってキイチゴのケーキを食べたいところですが、コロナ禍の今年はジャムが凌ぎます。酸味のあるライ麦のパンに塗ると、酸味の相乗効果でさらに美味しく感じます。

新鮮コロナウイルスの感染が収まり、ドイツに再び行けるようになったら、美味しいコーヒーやジャムで朝食を摂ることもおすすめです。

独文やってたという人、ウザくありません?

f:id:Thosomich:20200730111132j:plain

ヴィッツェンハウゼンの市庁舎前広場に立つヤーコプ・グリム(グリム兄)の像

2000年代の前半から数年間「ドイツのど真ん中」という同じタイトルでドイツのど真ん中のゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介するホームページをやっていました。そして2016年からYahooブログで再開しましたが、これまでに何度か、大学で独文(ドイツ文学)をやっていたという、年齢でいえば50代後半から上の年代の人が妙に上から目線の書き込みをしてきて、嫌な思いをしたことがあります。YahooからHatenaブログに引っ越してきてちょうど1年、幸いなことに独文でマウンティングしてくる人はいません。

21世紀も20年代に入り、独文をやってたなんて昔ほど人様に誇れる学歴ではないと思います。私自身ドイツ語の翻訳をやっていて、「ドイツ語ができるなんてすごいですね」と言われることもありますが、ドイツ語を話せることをすごいとは思いません。人それぞれに得意分野があり、私の場合ドイツ語だっただけのことです、と答えるようにしています。

バブルの頃や20世紀後半であれば、ドイツやフランス、ヨーロッパは日本人の憧れの国でした。しかし今は価値観も多様化し、東南アジアの国が好きで、タイ語ベトナム語などを勉強したいと考える人もいれば、実際にその機会もあります。ドイツ語や欧州の言語のニーズは相対的に以前よりも下がっているのではないでしょうか。NHKEテレ(教育テレビ)の仏・独・伊・西の各語学講座も最近では「旅する〇〇語」というタイトルになり、 芸能人が登場する旅行で使えるに語学に特化した番組になっており、本格的にこれらの言語を勉強したい人には物足りない内容になっている気がします。

私自身はドイツが好きでこれからもずっと関わっていきたいとは思いますが、今どき独文やってたと言って絡んでくる人は本当にウザいなぁと感じます。

アイヒスフェルト、聖なる山の修道院

                    f:id:Thosomich:20200721113528j:plain

昨年、2019年のドイツの旅では、ハルツ山地の南麓ヴァルケンリート(Walkenried)にある修道院跡の博物館を訪れました。1525年に農民戦争で破壊されて廃墟となった修道院を博物館として整備したものですが、別の日に現役の修道院を訪れることができました。

この日は、前夜に古城ホテルヴォルフスブルネン城に泊まり、アイヒスフェルト(Eichsfeld)を通ってゲッティンゲンへの帰り道に修道院に立ち寄りました。

修道院ヒュルフェンスベルク(Hülfensberg)とい448メートルの小高い山の上にあり、フュルフェンスベルク修道院(Kloster Hülfensberg)と呼ばれるフランシスコ会修道院です。旧東西ドイツの国境からも近く、冷戦時代に東西に分断されていたアイヒスフェルトのでも東側、現在のテューリンゲン州にあります。

                  f:id:Thosomich:20200721113525j:plain

上の画像、赤い瓦屋根と木造の建物が修道院です。しかし、黒い修道服を着た修道士には出会えませんでした。また、日本人の旅行者の私が建物の中に立ち入るのは憚られました。

                   f:id:Thosomich:20200721154159j:plain

修道院のすぐ向には教会もあります。

                  f:id:Thosomich:20200721113522j:plain

そして、その近くには礼拝堂(チャペル)もあります。ヒュルフェンスベルクは古くからアイヒスフェルトの巡礼地であり、「アイヒスフェルトの聖なる山」とも呼ばれ、外科医とは隔絶された祈りのための空間となっています。この日、観光客なのか巡礼者なのか、見学をする人たちもいました。     

                                        f:id:Thosomich:20200721161550j:plain

ヒュルフェンスベルクの山の際には大きな十字架も立っており、展望台になっています。

                    f:id:Thosomich:20200721113518j:plain

十字架の展望台、アイヒスフェルトの聖なる山の上からはふもとの村やアイヒスフェルトの丘を望めます。

ヒュルフェンスベルクはドイツのここにあります。

ザルツデアヘルデン、製塩所の塔が焼失

                  f:id:Thosomich:20200712175355j:plain

昨年、2019年のドイツの旅で訪れたザルツデアヘルデン(Salzderhelden)にある製塩所の掘削塔が先々週の金曜日の夜に放火によって完全に焼失してしまいました。地名のザルツデアヘルデンとはドイツ語で「英雄たちの塩」という意味で、昔から塩を取れたということが分かります。しかしドイツのど真ん中、つまりヨーロッパの内陸部にあるこの製塩所では、海水から塩を作るのではなく、地中360メートルから塩分を含んだ水を汲み上げて製塩していました。

焼失前の掘削塔は1882年に建てらたものですが、1963年には製塩所は操業を停止しており、現在は地元の歴史的、文化的な建築物として公開されていました。

少し前にゲッティンゲンの新型コロナウイルスの集団感染をブログに書きましたが、その後どういう経過なのかを知ろうとゲッティンゲンの地元紙のサイトを見ていたら、この掘削塔の放火焼失の報を知りました。さらにくわしくは、アインベック(Einbeck)の地元紙、アインベッカー・モルゲンポスト(Einbecker Morgenpost)紙の記事でご覧になれます(ドイツ語)。また、NDR(北ドイツ放送)のサイトで火事の動画を見ることができます。

ザルツデアヘルデンの村はアインベック市の一部なのですが、最近アインベックでは、古着を回収するコンテナが放火されるなどの連続放火事件が起きており、容疑者の女が逮捕されたそうです。

2000年代の前半には、ゲッティンゲンの聖ヨハニス教会の尖塔が放火されるという事件も起きました。

昨年訪れて、ブログに紹介した建物がこんな愚かしいことでなくなってしまったことは大いにショックで残念でなりません。

話は変わりますが、ゲッティンゲンでの集団感染は落ち着きを取り戻しているというメールを現地在住の友人からもらいました。その友人は昨日から2週間の予定で地中海にあるスペインの島にバカンスに出かけてしまいました。コロナ禍が完全に収束していないのに、EU域内とはいえ、外国旅行に出掛けるとは友人のことが少々心配です。

ヒムベアー(Himbeere) のジャム 2020

                         f:id:Thosomich:20200706153426j:plain

7月からEUの圏内に私たち日本人が再び入国できるようになりましたが、新型コロナウイルス感染症が収まってはいないので、ドイツやヨーロッパに行くことはまだ現実的ではありません。

しかし、そんなコロナの夏にあってもドイツの味覚は楽しみたいものです。毎年春から夏にドイツを訪れると、私はヒムベアー(Himbeere:キイチゴ)を堪能します。ドイツに行くことができない今年の夏はヒムベアーのジャムでどうにか凌いでいます。このジャムは、昨年のクリスマスに毎年ご厄介になっているゲッティンゲンの奥様から送っていただいたプリンテンシュトレンに同梱していただいたものです。EDEKA(エーデーカー)というスーパーマーケットのプライベートブランドの製品ですが、ラベルにBioとプリントされているので、有機農法によって栽培されたキイチゴということでしょう。

                      f:id:Thosomich:20200706155425j:plain

先日送っていただいたヒムベアーのジャムを開けて、このところ朝食のトーストに塗って食べています。パンはスーパーで売っているごく普通の食パンです。

                    f:id:Thosomich:20200706160158j:plain

しかし、時にはドイツ風にライ麦のパンにヒムベアーのジャムを塗って食べます。酸っぱいライ麦パンに甘酸っぱいヒムベアーは相性が良く、酸味の相乗効果でとても美味しいですよ。

このパンは主に東京にある紀ノ国屋というスーパーのベーカリーやパン売り場で買うことのできるハパン・ルイス・ヴォッカというフィンランド風のパン。紀ノ国屋ではドイツのパンも各種売っているのですが、このフィンランドパンはドイツで食べるライ麦によく似た味で、お店によっては半斤に切って売られており、170円と値段もかなりお得でとても気に入っています。

                       f:id:Thosomich:20200706161559j:plain

ヒムベアーですが、日本でいうキイチゴ。ということは、日本国内にも自生していますし、栽培している方もいるでしょう。先日、身近な人が庭に自生しているキイチゴを収穫して、ジャムを作ってくれました。手作りのジャムはドイツのヒムベアージャムに比べてかなり酸っぱめですが、爽やかでとても美味しいです。ジャム作りの趣味がある方はトライしてみてもいいのではないでしょうか。

2020年の夏は、ドイツに行けないフラストレーションをヒムベアーのジャムでどうにかなだめています。またドイツに行ってヒムベアーのケーキを思う存分食べたいものです。

ゲッティンゲンのクラスター

                                            f:id:Thosomich:20200701105550j:plain

日本ではあまり報じられなかったようですが、先月の終わりから今月にかけてドイツのど真ん中、ゲッティンゲンで新型コロナウイルスの100人を超える大規模な集団感染が起きていました。人口が13万人ほどのゲッティンゲンで100人超の感染はかなりの衝撃だったでしょう。

クラスターが発生したのは、以前このブログで紹介したゲッティンゲン市内のメルヘン街道の標識のすぐに近くにある高層アパート。ゲッティンゲン大学のキャンパスであるプラッツ・デア・ゲッティンガー・ズィーべン(Platz der Göttinger Sieben: ゲッティンゲン七教授の広場)の道路を挟んだ向かい側で、1階にはお洒落なカフェ・レストランやダンスを楽しめるクラブ(ディスコ)も入る建物です。イスラム教のラマダーン断食月)明けのパーティーや水タバコでウイルスの感染が一気に拡大したようです。また、ゲッティンゲンの駅を挟んだちょうど反対側にある別の高層アパートでもクラスターが発生しました。自宅待機が緩和され社会生活が再開されると、何かのきっかけに一気に感染は広まり、新型コロナウイルスは恐るべしです。

また、ゲッティンゲン以外にドイツ西部のノルトライン・ヴェストファーレン州の食肉工場でも1000人を超える大規模なコロナウイルスの集団感染も起きています。食肉工場では低賃金の外国人労働者が大勢働いていたようです。アメリカからはじまり世界に拡大した人種差別反対デモですが、ドイツではコロナが絡んだ人種や民族、宗教への差別が起きるのではないかと心配になります。

ドイツは新型コロナウイルスに対して感染が広がる前に備えて、十分な病床を確保していたとイタリアやフランス。スペインに比べて高く評価されていたので、このゲッティンゲンでのクラスターは驚きでした。

今日で6月も終わり、2020年も折り返しです。日本人のEUへの入国もそろそろ認められそうですが、ワクチンや特効薬がまだ開発されていないこの状態でドイツを旅してもきっと楽しくはないでしょうね。マスクをつけてドイツ旅も本望ではありません。残念ながら今年はドイツのど真ん中へ行けないかもしれませんね。コロナが一日も早く収まるといいのですが……