ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

桜色のアイレスコーヒー No 1873 ベリーファイン

f:id:Thosomich:20210328132118j:plain

桜色のパッケージのアイレスコーヒー

3月の第2週に千葉で食品の見本市が開催されていた関係で、見慣れない桜色のアイレス(Eilles)のコーヒーを入手することができました。私はドイツに行くたびに自宅用に青いパッケージのアイレスのグルメカフェ(Gourmet Café)を買って帰るのですが、この桜色のNo 1873というコーヒーのことは知らず、初めて目にしました。コロナ禍でドイツに行けず、とんとドイツの情報に疎くなっていましたが、どうやらアイレスの新ブランドのようです。

f:id:Thosomich:20210328132329j:plain

朝入りのコーヒー豆が顔を出しました

開封してみたら豆だったので少々びっくりしました。てっきり粉だと思い込んでいました。
いつもドイツから買ってくるアイレスの青いグルメカフェですが、深煎りでかなり苦めのコーヒーで毎日飲むにはちょっときついと感じていました。今回入手できた桜色のNo 1873はベーリヒ・ファインという名前で、見るからにグルメカフェよりもだいぶ浅煎りの焙煎に仕上げています。コーヒーミルで豆をごりごりと挽いて、ペーパードリップして淹れてみましょう。

f:id:Thosomich:20210327163154j:plain

コーヒーミルでアイレス No1873 ベリーファインを挽きます

ところで、上記の通りこのコーヒーはドイツ語でベーリヒ・ファイン(Beerig-fein)と名を付けられています。どうやらベリーのようなスッキリした味わいということなのでしょう。ドイツ語でベリーをベアー(beer)といいます。それを-igの語尾を付けて形容詞にしたのでしょう。しかし、最近生まれた造語にちがいありません。ドゥーデン(Duden)ネット版の辞書にもまだ掲載されていません。

f:id:Thosomich:20210327183411j:plain

ペーパードリップはドイツが発祥ですね

青のグルメコーヒーよりも優しく毎日飲めます。特にすっきりとしたフルーティーな酸味が後味に感じられる美味しいコーヒーです。

このアイレスのNo 1873のシリーズには、他に薄いブルーグレーのパッケージのフルフティヒ・ミルト(Fruchtig-mild: フルーティー・マイルド)と 淡い茶鼠色のヌスィヒ・インテンジーフ(Nuss-intensiv: ナッツ・インテンシヴ)があります。いずれも淡い色のパッケージはまるで日本人の色彩感覚に訴えかけるようです。今回は桜色を手に入れて飲むことができましたが、残りの2つもいずれ購入して飲んでみたいと思います。日本国内にこのアイレス No 1873シリーズのコーヒーを輸入している業者さんがありますので、興味のある方は検索してみてはいかがでしょうか。ドイツの美味しいコーヒーに挑戦してみましょう!

ドイツ、オレンジ色のカントリーサイン

1月末に第2次世界大戦中のアメリカ軍の不発弾4発が爆破処理された後、ドイツのど真ん中ゲッティンゲンでは大雪が降り、バスの運行やゴミの収集も止まるなどの市民生活に混乱もあったようです。

さて、今年もコロナ禍は依然として続いており、未だドイツに行ける見込みは立っていません。今しばらくこのブログでドイツに思いを馳せてみようと思います。

f:id:Thosomich:20210217161212j:plain

ここからがゲッティンゲン だと示す標識

日本から空路でドイツに入り、そのまま鉄道で旅行される方は気づくことや目に止まる機会がなかったでしょうが、ドイツではカントリーサイン(市町村境の標識)や交通標識がオレンジ色なのです。町中にいては、基本的に目にしないものです。

f:id:Thosomich:20210217161215j:plain

ゲッティンゲン市と書かれています

このオレンジ色に縦長の黒い書体による都市や町、村の名前の標識はデザイン的にあまり洗練されてないなぁと常々感じているのですが、一方でレンタカーを借りてドイツを走っている時にこのイケてないオレンジ色の標識を目にすると、何故だか心が和むのです。特に、車でゲッティンゲンに戻ってきて、この標識を見るとやはり嬉しくなります。周りを細めの丸い金属フレームも囲っているのが特徴的です。

f:id:Thosomich:20210218182538j:plain

ゲッティンゲン北部のニコラウスベルク地区のカントリーサイン

コロナ禍が収まり、またドイツに行けるようになったら、レンタカーを借りてドライブし、ドイツの町や村を巡りたいものです。

余談になりますが、ドイツのお隣りデンマークカントリーサインや交通標識のデザインが素敵です。特に書体がとてもデザイン的。さすが北欧デザインの国だなぁと感心してしまいます。このように国によって交通標識にもちがいがあって、民族性が現れるものなのでしょう。いつかゲッティンゲンからレンタカーで走りに、デンマークカントリーサインも写真に撮りたいと思っています。

ゲッティンゲン コロナ禍の不発弾の処理

f:id:Thosomich:20210201145319j:plain

ゲッティンゲンの駅 不発弾処理の日には電車も止まった(2019年6月に撮影)

先週末、ゲッティンゲンで見つかった不発弾の処理が行われました。

不発弾と思われた物体は第2次世界大戦中のアメリカ軍の爆弾。4発見つかった爆弾は爆発物処理班によって31日未明に爆破処理されました。住民は自宅を退去し避難し、人に危害が及ぶことはありませんでしたが、爆発によって住宅のガラスや屋根瓦が割れたり、壁が壊れるなどの被害があったとのことです。

www.ndr.de

人命に関わるような被害がなかったことは何よりですが、このコロナ禍のロックダウン中に避難をしなければならなかった住民たちも大変だったことでしょう。30日の土曜、冬の早朝6時半に自宅を退去せよとの指示が出ており、住民は一体どこで時間を潰したのでしょう。ロックダウン下では営業している店がそもそもありません。前日の夜にサンドウィッチのような弁当を作り、車を所有している世帯であれば、車でどこかに出かけていたのでしょうか。

当の爆弾の爆破処理は深夜に行われ、住民はホテルに宿泊せねばなりませんでした。4発もの爆弾が地中に埋まっていたので、致し方のないことかもしれませんが、日中に爆破処理が終わっていれば、その日の夕方にも自宅に帰ることができたのでは……。

いずれにしろ、死傷者が出るようなこともなく、不発弾が処理されたのはよかったです。

低地ドイツ語の小冊子

f:id:Thosomich:20210128141920j:plain

オルデンブルクの低地ドイツ語小冊子 SNACK PLATT

今月のはじめ、つまり年が改まったばかりの頃にドイツから手紙が私の元に届きました。

送り主はゲッティンゲン在住の友人A君。封筒を開封すると、「SNACK PLATT」というタイトルの小冊子が入っていました。「スナック・プラット」というと、何かスナック菓子を連想してしまいますが、「低地ドイツを話そう」という意味で、低地ドイツ語に関する冊子でした。

A君と私は昔ゲッティンゲン大学で低地ドイツ語のゼミに通っていました。彼自身が低地ドイツ語の話者であり、低地ドイツに関心のある私にこの冊子を送ってくれたというわけです。

A君は今もゲッティンゲンに住んでいますが、彼の故郷は北ドイツのオルデンブルク(Oldenburg)です。この低地ドイツの冊子はオルデンブルク郡が発行したもので、A君がオルデンブルクの実家に帰省した時にでも手に入れたのでしょう。

低地ドイツ語とは、北ドイツで話されるドイツ語の方言ですが、方言にしては文法も少しちがいます。またドイツの国語ではないので、地方によって使われる語彙もちがいます。地方ごとの低地ドイツ語があるのも興味深いです。A君が送ってくれた冊子の低地ドイツ語はオルデンブルク地方の低地ドイツ語ということになります。

コロナ禍、特に私の暮らす地域は非常事態宣言下にあり、とかく家に篭りがちで気分が滅入ってしまいます。そんな時にこんな便りが届いたのは何よりも嬉しいことでした。ステイホームの間にこの冊子で低地ドイツ語のボキャブラリーを少しでも増やして、次にゲッティンゲンでA君に会ったら低地ドイツ語で会話をしてみたいと思います。

ゲッティンゲン、コロナ禍の不発弾処理と住民の避難

f:id:Thosomich:20210125143935j:plain

ゲッティンゲン駅  不発弾は駅の向こう側で見つかった(画像は2018年春に撮影) 

目下、ドイツのど真ん中の大学町ゲッティンゲンで問題になっているのが、第2次世界大戦中の不発弾が見つかり、その処理が今週末の1 月30日と31日に行われることです。

ゲッティンゲンの駅の西側ゴーデハルト通り(Godehardstraße)付近の地中に4発の不発弾らしき物体が発見され、付近の住民8000人以上が爆破物処理の行われる当日に自宅を離れて避難せねばなりません。コロナ禍の、しかも真冬の寒い時期の自宅退去と避難とは、住民にははた迷惑な話です。

ゲッティンゲン駅の西側は高校や職業訓練校、スポーツ施設などがあり、住宅地にもなっています。このブログで紹介した賑やかな商店街のあるゲッティンゲンの旧市街は駅の東側。ただし不発弾処理の当日、駅も閉鎖されるようです。

折からの新型コロナによるロックダウン中の避難で、該当する住民も大変です。本来ならば、ステイホームで家族以外とは会ってはならないなど厳しいロックダウンのルールがありますが、ニーダーザクセン州は例外的にルールを緩和し、ゲッティンゲン市が該当する住民にホテルなどに宿泊するように呼びかけています。自分に何ら非があるわけでもないのにホテルに宿泊しろというは日本人の私には何だか釈然としません(しかも宿泊代は避難者の負担)。私的に避難先を見つけて避難してもいいのですが、このコロナ禍では感染の可能性がある親戚や友人を止めてあげたくても泊めてあげることはできません。

日本国内でもたまに戦時中の不発弾が見つかり処理されますが、ドイツでもたまに不発弾が見つかります。ゲッティンゲンでは2010年にも不発弾が見つかりましたが、処理の準備中に爆弾が爆発してしまい、爆発物処理班の3名が亡くなったそうです。

今週末の不発弾処理が無事に行われ、被害が出ないことを祈ります。

ゲッティンゲンの不発弾処理に関する記事は地元紙「ゲッティンガー・ターゲブラット(Göttinger Tageblatt)」の記事をご覧ください。

www.goettinger-tageblatt.de

ゲッティンゲン、H&Mまでも閉店……

f:id:Thosomich:20210112181510j:plain

ゲッティンゲンのマルクトプラッツ H&Mは画像の右

昨日ゲッティンゲンの地元新聞「ゲッティンガー・ターゲブラット(Göttinger Tageblatt)」のサイトを覗いてみたら、スウェーデンの人気アパレルブランド「H&M」ゲッティンゲンのショップまでもが閉店すると報じていました。

ゲッティンゲンのH&Mは旧市街の中心部マルクト広場にあり、ゲッティンゲンのシンボル旧市庁舎とガチョウ娘の噴水の真向かいにお店を構えています。いわば、ゲッティンゲンの超一等地ともいうべき場所。上の画像、左側には旧市庁舎とガチョウ娘の噴水、その正面にあたる画像の右手前がH&Mです。

人気ブランドですので、今後もインターネットで洋服を買い物することはできるのでしょうが、ゲッティンゲンの町からH&Mの実店舗が撤退してしまうのとは、またまた大きな衝撃。これまでも市内で長らく営業してきたお店が相次ぎ閉店していますが、一体ゲッティンゲンの町はどうなってしまうのでしょう。もう残念でなりません。

ギーボルデハウゼン、焼きソーセージのライネマンも閉店……

f:id:Thosomich:20210104160740j:plain

ライネマンの焼きソーセージ 2017年夏の旅から

昨年末にゲッティンゲン旧市街の肉屋さんヴルフ(Wulff)が閉店したことをブログに書きましたが、昨日ゲッティンゲンの地元新聞「ゲッティンガー・ターゲブラット(Göttinger Tageblatt)」のサイトをチェックしていたら、アイヒスフェルトのギーボルデハウゼン(Gieboldehausen)にある焼きソーセージの立ち食い食堂(インビス)「ライネマン(Bratwurst Leinemann)」も閉店したと報じていました。有料記事のため見出し部分しか読めませんが、おそらく新型コロナウイルスによるパンデミックの影響だと思われます。立ち食いスタイルの店なので、ステイホームのテイクアウトにはうってつけのようにも思えますが、ロックダウンには勝てなかったのかもしれません。

ライネマンの焼きソーセージは以前紹介しましたが、肉を食べた満足を得られる本当に美味しいソーセージです。ヴルフに続きライネマンまでドイツのど真ん中の美味しいソーセージ店がコロナ禍にあって閉店してしまったのは、大きなショックです。

ライネマンは他にアウトバーン7号線(A7)のノルトハイム北(Northeim Nord)出入口にも支店を出していますが、そちらも現在臨時休業中のようです。

ヴルフもライネマンもコロナ禍が収まったら、また営業を再開してほしいと心から願います。ドイツのど真ん中でまたあの肉肉しいソーセージを食べたい!