ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ど真ん中のちょっと先のドイツ

なんだ、この車は?!

今年6月のドイツのど真ん中 2019初夏の旅でビールのふるさとアインベック(Einbeck)を訪れ、アインベックの町を歩いていると、目の前をこんな車が走り過ぎていき、びっくり。何だ、この車は?!慌ててカメラを取り出して1枚だけ撮影できました。もちろんメー…

2019 ドイツ麦秋

先月6月のドイツ2019初夏の旅ですが、ドイツのど真ん中の麦畑は黄色く色づきはじめ、麦秋を迎えようとしていました。 ゲッティンゲンの北東にあるカトレンブルク・リンダウ(Katlenburg-Lindau)の麦畑。 稲とはちがい、頭の垂れることない麦の穂は軽やかに風…

英雄城からの眺め

昨年2019年冬の旅で訪れた英雄の城に今年も再び行ってみました。 昨冬はどんよりとした曇りで暗い背景の写真しか撮れませんでしたが、今年は初夏の青空に恵まれました。 城は、ゲッティンゲンの北約30キロにあるアインベック(Einbeck)という町のザルツデアヘ…

必見!ドイツの自動車博物館 9

ドイツのど真ん中から30kmほど北にあるアインベック(Einbeck)という小さな町はビールのふるさとともいうべき町なのですが、同時にオールドタイマー(Oldtimer)とも呼ばれる懐かしい車のメッカにもなっています。そのオールドタイマーのメッカがアインベックの…

必見! ドイツの自動車博物館 7

ドイツのど真ん中の少し北にのアインベック(Einbeck)という町にある自動車と二輪車の博物館「PS.SPEICHER(ペーエス・シュパイヒャー)」を引き続き見ていきましょう。 前回、前々回は二輪車を紹介しましたが、再び自動車に戻ります。 PSシュパイヒャーはダ…

必見! ドイツの自動車博物館 6

ドイツのど真ん中から少し北にあるアインベック(Einbeck)の町にある自動車と二輪車の博物館「PS.SPEICHER(PSシュパイヒャー)」を引き続き紹介します。 人が自分の足で歩くことから解放されつつも速く走る手段として、自転車を発明し、さらには、エンジンを…

必見! ドイツの自動車博物館 5

ドイツのど真ん中から少し北にあるアインベック(Einbeck)という町にある自動車・二輪車の博物館「PS.SPEICHER(ペーエス・シュパイヒャー)」の常設展示をのぞいてみましょう。 このPSシュパイヒャーは車とバイクの歴史を体験するのがコンセプトで、その時系…

必見! ドイツの自動車博物館 4

今回も、ドイツのど真ん中の少し北、アインベック(Einbeck)という町にある自動車・二輪車博物館「PS.SPEICHER(ペーエス・シュパイヒャー)」の特別展「KLEIN ABER MEIN(小さいけれど、私の車)」に展示されていた珍しい車のご紹介します。 イタリアのフィ…

必見! ドイツの自動車博物館 1

昨年11月下旬から12月初めまでのドイツのど真ん中を訪れました。 旅の後半、12月最初の日曜日はあいにくの雨で、景色のよい場所に出かけて写真を撮る予定を諦めて、ドイツのど真ん中に最近できた自動車と二輪車の博物館に行ってみました。 自動車博物館があ…

ナチスの強制収容所へ1

かつて私のドイツ人の親友ラインハルトが「このドゥーダーシュタットにだってナチの強制収容所があったんだぞ!」と話してくれたことがあり、ひどく驚かされたことがあります。 ナチスの強制収容所といえば、アウシュヴィッツやダッハウ、ブーヘンヴァルトが…

ドイツのど真ん中の水辺 7 ヴェラ川のほとり エシュヴェーゲ

以前、ドイツのお酒でエシュヴェーガー・クロースターブロイという美味しいビールを紹介しましたが、2018年冬のドイツの旅では、そのビールが醸造されるヘッセン州北部のエシュヴェーゲ(Eschwege)の町に出かけてみました。 エシュヴェーゲは、ヴェラ川(Die W…

クリスマスマーケットの情景 2 アインベック

先日のドイツの冬の旅では、ゲッティンゲン以外の町のクリスマスマーケットをのぞいてきました。 春の旅でも訪れたビールのふるさとアインベック(Einbeck)にも再び足を伸ばしました。 クリスマスマーケットでは、グリューワイン(ホットワイン)をグッと飲み…

ドイツのど真ん中 冬の景色

ドイツのど真ん中2018冬から帰国していましたが、先週末まで時差ボケに悩まされていました。寒い中、電動アシスト自転車で100キロ走ったり、クリスマス市に何時間も長居して、旅の間中ずっと体の芯まで冷えきってしまい、自律神経がすっかり狂っていたようで…

世界遺産の街 クヴェトリンブルク

国内海外を問わず世界遺産にはあまり興味がないのですが、今年春のドイツの旅で訪れたクヴェトリンブルク(Quedlinburg)は世界遺産の町です。 クヴェトリンブルクの砂岩の丘に建つ城と大聖堂はシュロスベルク(Schlossberg:城山)と呼ばれる、この町のシンボ…

ドイツのど真ん中の水辺 3 ヴェラ川からヴェーザー川

前回のブログ、悪魔の説教台(Teufelskanzel)から眺めるヴェラ川(Die Werra)は大きく馬蹄形に蛇行しながら下流へと流れていきます。今回のブログでは、このヴェラ川の流れを追いかけてみようと思います。 ヘッセン州のルートヴィヒシュタイン城(Burg Ludwigs…

ドイツ、歩く楽しみ ヴィッツェンハウゼン 2

今年4月中旬から5月上旬にドイツのど真ん中に滞在。 滞在中に3回あった日曜日ごとにハイキングを楽しみました。 この日はお世話になっていたお宅のご主人に誘われて、ハイキングの会に参加。 ヘッセン州北部の 、ヴィッツェンハウゼン(Witzenhausen)の北駅…

菜の花を求めて ドイツへ 8 ベアレプシュ

広々とした菜の花畑を見たくてこの春にドイツを旅しました。 画像はヘッセン州北部ヴィッツェンハウゼン郊外のベアレプシュ城(Schloss Berlersch)近くの麦畑と菜の花畑と森です。 こちらの画像はベアレプシュ城から撮影しました。 木々の向こう、うねる丘に…

菜の花を求めて ドイツへ 3 キュフホイザー

ドイツの菜の花畑の風景を見たいと思い、この春に旅をしました。 この日は、午前10時過ぎにハルツ山地(Harz)の南部のバート・ザクサ(Bad Sachsa)という町をレンタカーで出発し、ハルツ山地を縦断してクヴェトリンブルク(Quedlinburg)へ行き、午後3時過ぎに再…

菜の花を求めて、ドイツへ 1 クヴェトリンブルク

日本では、花は桜とも言いますが、私は桜の花よりも菜の花が好きです。 かつて暮らしたドイツでは、燦々と光り輝くような菜の花、菜の花畑に毎年力をもらっていたような気がしました。 ドイツの菜の花をもう一度見たい、写真に撮りたいと思い、今年は春にド…

旧東ドイツを走る

ドイツのど真ん中2018春の18日目。 この日は午前に、以前ご紹介した「悪魔の説教台」までハイキングし、午後2時頃から車で走りました。 行こうとしていたところがあるのですが、午後2時の一番暑い時間帯にご覧のレンタカー、OPEL CORSAにはエアコンが付い…

菜の花畑を求めて

ドイツのど真ん中2018春の12日目からずっとレンタカーでアイヒスフェルト、ハルツ山地、ライネベルクラント、ゾリングといった地域を走っていました。 今回の旅の主な目的はドイツの菜の花畑を写真に撮ることで、ちょうど満開の名の花畑に遭遇することがで…

アイヒスフェルト、ハルツ山地を走る

ドイツのど真ん中2018春の前半にレンタカーを借りようとしたところ、レンタカー屋の怠慢で借りる事ができませんでした。 旅の後半は最終日までずっと、日本からインターネットでレンタカーをすでに予約おり、一昨日から車を借りて乗っています。 今回のレン…

ドイツのど真ん中 菜の花が開花

ドイツのど真ん中2018の4日目は、お世話になっているお宅のご主人に誘われてハイキングに出かけました。訪れたのは、ゲッティンゲンから車で30分ほど南に下ったヘッセン州のヴィッツェンハウゼン(Witzenhausen)という町。旧市街の外、高台にあるヴィッツェ…

ドイツの古都ゴスラー カイザープファルツ

アイヒスフェルトからハルツ山地を駆け抜け、ゴスラー(Goslar)の町に着きました。 ハルツ山地は旧西ドイツと東ドイツにまたがって横たわる山々ですが、ゴスラーは、西ドイツ、ニーダーザクセン州側のハルツの北にある、ドイツの古都でもあります。 神聖ロー…