ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ドイツのグルメ!

コロナ禍の秋、ドイツの味覚を日本で

命の危険を感じるような暑さがようやく収まりましたが、酷暑で蓄積していた夏の疲れがどっと出てしまい、しばらくブログの更新ができずにいました。ただ少し涼しくなってきたので、なくなっていた食欲が回復してきています。 さて9月といえば、ドイツでは発…

コロナ禍の夏をドイツの味覚で 2 ローテ・グリュッツェの水出し茶

少し前にドイツからコーヒーが送られてきたと書きました。しかし、梅雨明け後の35℃の気温の中で熱いコーヒーを淹れて飲むのは、さすがにつらいものがあります。また、せっかくのドイツの美味しいコーヒーをアイスコーヒーにしてしまうのはもったいない気がし…

コロナ禍の夏をドイツの味覚で

国内旅行やお盆の帰省すらままならないコロナ禍の夏ですが、先日ドイツから嬉しい荷物が届きました。ここ数年、毎年のようにドイツでご厄介になっているお宅の奥様がアイレス(Eiles)のグルメコーヒー(粉)とシュヴァルタウ(SCHWARTAU)のヒムベアージャムを…

ヒムベアー(Himbeere) のジャム 2020

7月からEUの圏内に私たち日本人が再び入国できるようになりましたが、新型コロナウイルス感染症が収まってはいないので、ドイツやヨーロッパに行くことはまだ現実的ではありません。 しかし、そんなコロナの夏にあってもドイツの味覚は楽しみたいものです。…

ムッター・ユッテでシュパーゲルのラグー

ドイツの春から初夏の味覚といえば、 シュパーゲル(Spargel: アスパラガス、特に白いアスパラ)です。 しかし、今年2020年は新型コロナウイルスの影響で私たち日本人がドイツに旅行して美味しいシュパーゲルを食べることはかないません。また、ドイツ国内で…

アインベックのマスタードスープ 改良版

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛がずっと続いていますが、アインベックのマスタードスープ(Einbecker Senfsuppe)を改めて作りました。作るからには前回よりも美味しくしようとあれこれ試みました。 そのために、今回は材料のセロリと長ネギをフ…

アインベックのマスタードスープを作ってみた

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛が続いているので、自宅でアインベックのマスタードスープ(Einbecker Senfsuppe)を作ってみました。 このマスタードのスープは、昨年2019年のドイツの旅でビールのふるさと、ニーダーザクセン州アインベック(Einb…

エンドウ豆のスープ(Erbsensuppe)を作ってみた

12月に入り、冷え込んできて、鍋物などの温かい食べ物が恋しくなりますね。 今年、2019年のドイツの旅では、スーパーマーケットで乾燥エンドウ豆を買って日本に持ち帰ったので、ドイツのソウルフード、エンドウ豆のスープ(Erbsensuppe)を作ってみました。乾…

ドイツで肉を食らう 2019 ミュンヘン編 2 ヴァイスヴルスト

2019年ドイツの旅の最終日、帰国の日の朝、ドイツ南部の大都市ミュンヘンに住むドイツ人の友だちが朝食にミュンヘン名物のヴァイスヴルスト(Weißwurst)を茹でてくれました。嬉しいことに庭での朝食となりました。 ヴァイスヴルストは上の画像のように白いソ…

ドイツで肉を食らう 2019 ミュンヘン編 1 シュヴァイネブラーテン

今年、2019年のドイツの旅で、ドイツのグルメを締めくくったのはミュンヘンです。今年の旅では、フランクフルトからではなく、ミュンヘン空港から帰国となりました。 帰国前夜はミュンヘンに暮らすドイツ人の友だち夫妻の家に厄介になり、夕食は南ドイツ、バ…

東ドイツのグルメであれやこれや 2 テューリンガー・ブラートヴルスト

前回紹介した東ドイツのペンションで東欧料理のソリャンカを食べてぼったくられた翌日も再び東ドイツのテューリンゲン州に出かけました。 目的地はすでにこのブログで紹介したキュフホイザー記念碑(Kyffhäuser Denkmal)。画像の、山の上に立つ建造物がドイツ…

東ドイツのグルメであれやこれや1ソリャンカ

今年2019年も6月にドイツのど真ん中を旅しました。旅と言ってもだいたいひとつの町に滞在し、そこを起点にあちこち見て回るのが私の旅のスタイルです。その起点となるのがゲッティンゲンです。 さて、ドイツのど真ん中とは言いますが、東西冷戦の時代であれ…

ディンケル(スペルト小麦)のパン

日本では高級な食パンがブームのようで、私が現在暮らす東京都内の最寄りのJRの駅近くには、ここ数年で何軒か食パン専門店がオープンしました。食に敏感な人たちや意識高い系の人たちが食パン専門店のお客さんなのではないでしょうか。 私自身も朝食に食パン…

フェルトキーカーで朝食を

ドイツのど真ん中の名物ソーセージ「フェルトキーカー(Feldkieker)」には、薄くスライスされて買い求めやすいパックの製品があることを以前紹介しました。 今年初夏のドイツの旅では、ゲッティンゲン市内のスーパーでスライスのフェルトキーカーを買い、朝食…

アインベックのからしとマスタードスープ

ドイツのど真ん中 2019初夏の旅では、 ビールのふるさとアインベック(Einbeck)にビールを飲みに行き、5種類のビールを飲み比べしてきました。そのビールが名産のアインベックには、もう一つの名産品があります。それがからし(マスタード)です。 ほぼ100年…

ミュンヘン経由で帰国

ドイツのど真ん中 2019初夏の旅はフランクフルトではなく、ミュンヘンから帰国便に乗りました。 帰国前の木曜日、ドイツ南部ではFronleichnahm(フロンライヒナーム:聖体の祝日)というキリスト教の祝日で休み。そして、金曜はブリュッケンターク(Brückenta…

シュパーゲルとシュニッツェル

ドイツのど真ん中2019初夏の旅、2日目はニコラウスベルクからゲッティンゲン市内まで歩いて下りて行きました。 今回の旅の前にシュパーゲル(白アスパラガス)のシーズンはすでに終わっているものだと思っていましたが、まだまだ食べられることが判明し、早…

ドイツ土産には粉末スープを 3

今回のブログは再びドイツの即席粉末スープをお送りします。 クノール(Knorr)と言えば、日本で真っ先に思いつくのが、カップスープのシリーズではないでしょうか。ドイツ語圏で販売されているクノールのラインナップにもカップスープのような製品があるので…

ドイツ土産には粉末スープを 2

前回のブログからの続きで、ドイツから自宅用に買ってきたクノールの粉末スープを先週末に作ってみした。 ドイツ(あるいはドイツ語圏)で販売されているクノールのスープですが、ズッペンリーベ(Suppenliebe)とファインシュメッカー(Feinschmecker)という…

ドイツ土産には粉末スープを 1

今年のゴールデンウィークは10連休に遠出などはせず、近場に少し出かけただけで、ほぼ家に篭っていました。対照的に昨年、2018年のゴールデンウィークは連休がはじまる10日ほど前にドイツに出かけて、ゴールデンウィークが終わってから日本に帰国し、ドイツ…

工業団地でドイツ的ファストフードのランチ

昨年冬のドイツの旅、帰国前日はナチスドイツの強制収容所をガイドしてもらうなど多忙でした。おまけにゲッティンゲンに戻る途中、偶然にも古城を発見して、急遽立ち寄り写真を撮影して、ますます時間はなくなり、昼ご飯を食べる暇もありませんでした。 そこ…

ドイツのど真ん中の名物ソーセージ 2 フェルトキーカー

以前、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトで食べられている名物のソーセージ「シュトラッケ」をこのブログで紹介したことがあります。今回は、ドイツのど真ん中の名物ソーセージをもう一つ取り上げてみようと思います。 それが上の画像のボテッとした形の「フ…

ドイツのコーヒー事情を考察する

ドイツのコーヒーで検索して当ブログを訪問してくださる方がいらっしゃるようなので、今回はドイツのコーヒー事情を考察してみたいと思います。 昨年の11月下旬から12月初めにかけてのドイツの旅から、お土産として自宅で飲むために買って帰ったのが、ハンブ…

グリュンコールを堪能

昨年11月下旬から12月初めまでのドイツ冬の旅では、グリュンコール(Grünkohl)を堪能してきました。 グリュンコールとは、日本で飲まれている青汁の主な原材料ケールのこと。 北ドイツでは、ケール、つまりグリュンコールは冬の風物詩。寒い時期になると、炒…

ハルツ山地の怪しいエンドウ豆スープ屋さん

ドイツの真ん中あたりにあるハルツ山地には怪しさ満点のエンドウ豆のスープ屋さんがあります。スキーリゾート地のブラウンラーゲ(Braunlage)の町と旧東ドイツのエーレント(Elend)という村の間、B27(連邦道27号線)沿いの森の中、ドアも窓もない粗末な掘っ建…

塗るソーセージ

私にはドイツを旅行するたびにどうしても食べたくなるソーセージがあります。 以前紹介した立ち食いのグリルソーセージやシュトラッケも美味しいのですが、“塗るソーセージ”もまた美味しいのです。 上の画像が塗るソーセージです。 ドイツ語でシュトライヒメ…

アイヒスフェルトのソーセージ博物館

前回ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトでよく食べられているソーセージ、シュトラッケを紹介しました。そのソーセージについて知ることのできる博物館があります。 以前ご紹介したハーンシュタイン城の麓にあるボーンハーゲン(Bornhagen)…

ドイツのど真ん中の名物ソーセージ 1 シュトラッケ

ドイツといえば、ビールとソーセージ。 これまでゲッティンゲンやその近郊で食べられる美味しいグリルのソーセージを紹介しましたが、今回はゲッティンゲンやアイヒスフェルトの名物ソーセージをアップしようと思います。 ドイツでは地域ごとにソーセージが…

ゲッティンゲンでソーセージを食べる

今年春のドイツのど真ん中の旅では、お昼ごはんにたびたびソーセージのお世話になりました。 昨年のドイツの旅でアイヒスフェルトにあるソーセージの名店ライネマン(Leinemann)を紹介しましたが、今年はゲッティンゲン市内で食べられる美味しいソーセージを…

ヨーロッパ・パン博物館 2

前回ご紹介したエーバーゲッツェンの村にあるヨーロッパ・パン博物館 (Europäisches Brotmuseum)は野外の展示も充実しており、とても楽しいです。 上の画像はパン屋の馬車です。 これは200年前の風車です。 ドイツのMAN製のトラクターも展示されています。 …