ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

レープクーヘンあれこれ 2 ディンケル(スペルト小麦)のレープクーヘン

新型コロナウイルスの感染拡大による社会の混乱でなかなかブログを書く気持ちになれずにいました。3月最後の日にブログを更新したいと思います。

コロナウイルスがドイツやヨーロッパで本格的に流行する前の、今年1月下旬から2月の上旬に身近な者がニュルンベルクに出張したので、お土産にレープクーヘン(Lebkuchen)をいくつか買ってきてもらいました。

前回のブログでは、焼きリンゴ味のレープクーヘンを紹介しましたが、今回はディンケル(Dinkel: スペルト小麦)のレープクーヘンをアップしようと思います。

           f:id:Thosomich:20200331160712j:plain

 ディンケル(スペルト小麦)は古代小麦とも呼ばれる小麦の原種です。このディンケルのパンは昨年すでに紹介したとおり、普通に使われている小麦よりも栄養価が高く、独特の風味があります。また、小麦アレルギーが出にくいそうです。

ニュルンベルクのレープクーヘンの銘店シュミット(Lebkuchen Schmidt)がこのスペルト小麦のレープクーヘンを販売していました。ご覧のようにチョコレートでコーティングしたレープクーヘンでした。しかし、チョコレートの味とシナモンの香りが強すぎて、残念ながらスペルト小麦の風味はよく分かりません。 

           f:id:Thosomich:20200331160016j:plain

普通の小麦粉のレープクーヘンと食べ比べてみましたが、やっぱりよく分かりませんでした(左がスペルト小麦のレープクーヘン、右が小麦粉のレープクーヘン)。いずれにしてもディンケルのレープクーヘンはきっと健康にいいんだろうと思いながら美味しく食べました。

           f:id:Thosomich:20200331160304j:plain

ところが、シュミットのディンケルのレープクーヘンのパッケージに中世ドイツの女子修道院長で薬草学の祖とされるヒルデガルド・フォン・ビンゲン(Hildegard von Bingen)のディンケルについて言葉がプリントされているのを見つけました。

"Der Dinlek ist das beste Getreide, er ist milder als andere Getreidearten, und bereitet dem, der ihn isst, rechtes Fleisch und rechtes Blut, macht frohen Sinn und Freude im Gemüt!" 

Hildegard von Bingen

「スペルト小麦は最高の穀物であり、他の穀類よりも穏やかで、食べた者に健康な肉体と健康な血をもたらし、心に明るい気分と喜びを与える!」

ヒルデガルド・フォン・ビンゲン

シュミットのホームページをチェックしてみたところ、現在はディンケルのレープクーヘンを販売していないようです。昨年のクリスマスシーズン向けの期間限定商品だったのかもしれません。新型コロナウイルスの混乱が収まり、今年のクリスマスシーズンにドイツへ旅行できるようになったら、ぜひ探してみてはいかがでしょうか。