ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ドゥーダーシュタット 1

しばらくぶりのブログの更新になります。今年1月下旬から2月上旬のドイツ旅行では、ドゥーダーシュタット(Duderstadt)を訪れました。10年以上も前にドイツのゲッティンゲンに住んでいた頃は毎週のように遊びに行ってい田町です。今回の旅では、ドゥーダーシュタットに住んでいる友人たちにも会ってきました。さて、このドゥーダーシュタットは鉄道の駅がないので、日本人の観光客はめったに訪れません。

いわば、隠れたドイツの名所だと私は思っています。下の画像には、ヴェスタートーア(Westertor)という西の市門の尖塔の屋根がねじれたいるのが、とても面白い。ドイツでもこういった様式の屋根は極めて珍しいのではないでしょうか。

         イメージ 1

          イメージ 2

こちらの画像は、市門の外側から撮影したものです。上二つの画像ですが、2003年に撮影しました。今年のドイツ旅行では、あいにくの雨で写真を撮ることができませんでした。次回の旅行の際は、最新版の風景を撮りたいものです。ドゥーダーシュタットは、ゲッティンゲン駅前のバス・ターミナル(ZOB)から150番、または170番のドゥーダーシュタットで約1時間。