ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

9月のドイツはフェーダーヴァイサーとツヴィーベルクーヘン

ドイツの9月といえば、フェーダーヴァイサーとツヴィーベルクーヘンです。9月の風物詩です。

イメージ 1

イメージ 2

フェーダーヴァイサー(Federweißer)とはワインとなる前の白ワインです。

ツヴィーベルクーヘン(Zwiebelkuchen)は文字通り訳すと玉ねぎケーキです。

9月のドイツは、ツヴィーベルクーヘンを食べながらフェーダーヴァイサーを飲みます。元々は、ドイツのワインの生産が盛んな地域で秋に行われるワイン祭りで、若いワインとツヴィーベルクーヘンを飲んで食べる風習がドイツ全土に広まったようです。

上の画像をご覧になったとおり、フェーダーヴァイサーはまだワインになる前なので、濁っています。また、発酵の途中なので、栓をすることもできません(栓をしてしまうと、発酵のガスで瓶が割れてしまいます)。

ワイン愛好家からすれば、フェーダーヴァイサーなど飲むのも値しないのかもしれませんが、私は大好きでした。

ツヴィーベルクーヘンは、玉ねぎをベーコン、生クリームと卵で焼き上げたドイツのピザと言えるのではないでしょうか。割と似た食べ物にキッシュ・ロレーヌがありますが、もっとシンプルに素朴にした感じです。

画像では1切れ1.50ユーロとなっていますが、私がドイツのど真ん中に住んでいた2000年台初頭の値段ですので、今は2ユーロくらいするでしょうか。

さて、フェーダーヴァイサーは発酵中で瓶には蓋もされていないので、日本で飲むことはかないません。

ならば、ない物は作ってしまえと、一度だけ作ったことがあります。

イメージ 3
イメージ 4

自分で作ったということもあり、大変美味しく飲みました。

ぶどうジュースのような、ワインのような味わいです。