ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

デンマークの唱歌 夏

イメージ 1

今回は音楽について。

ただし、ドイツのお隣りのデンマークの歌について紹介します。

ドイツの音楽といえば、まずはバッハやシューマン、ベートーベン、ブラームスクラシック音楽なのかもしれませんが、クラシックはどうも権威的で私はあまり聞きません。

次に「フォルクスムジーク(Volksmusik)」という、オクトーバーフェストなどの祭りの会場でよく演奏される、やたら陽気な歌は、あまりにも能天気で好きになりません。

シュラーガー(Schlager) という、日本のニューミュージックやポップスに相当するジャンルがドイツにはあるのですが、これは50、60代のおじさま、おばさまたちに好まれそうな歌です。

そこで紹介したいのが、デンマーク唱歌というべき歌のアルバムです。

歌っているのは、1989年から90年代前半に日本でも紹介された、アンヌ・ドゥールト・ミキルセン(Anne Dorte Michelsen)というデンマークの女性シンガー・ソングライターです。5枚のアルバムが日本でもかつて発売されて、ご存知の方もいるかもしれませんね。

アンヌ・ドゥールト・ミキルセンと日本語では表記されていますが、デンマーク語の響きとしては、アネ・ドーァテ・ミケェルセンでしょうね。

彼女が2001年に発表したFRED HVILER OVER LAND OG BYは、19世紀、20世紀のデンマークの古い歌を集めたアルバムです。

アルバムのタイトルを日本語に直訳すれば、「安らぎは村や街の空にたゆたう」とでもなるでしょうか。

 

しっとりとした歌とピアノと弦楽器による伴奏がとても美しく、たくさんのストレスに晒され、せわしない21世紀の10年代後半を生きる私たちには、ゆったりと心にゆとりを持つことのできる歌の数々です。


アルバムのタイトル曲ともう一曲のミュージック・ビデオがワーナー・ミュージック・デンマークからYouTubeにアップされています。

このアルバムの曲は、いわばデンマークの夏の唱歌ともいうべき歌を集めたもので、別にデンマークの冬とクリスマスを歌ったアルバムもあります。

デンマークの冬の唱歌は、冬に改めて紹介することにします。

残念ながら、これらのアルバムは日本では発売されていませんが、音楽配信Spotify で聴くことができます。

気に入ったという方は、お試しください。