ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

グリム研究者の大野寿子さんのこと

その昔、ゲッティンゲン大学の学生だった頃、九州の国立大学の独文の博士課程にいた研究者のお手伝いをしたことがあります。その研究者の研究テーマは「グリム兄弟と森」。

日本では入手困難な資料が欲しいのだ、とドイツ語の本を最初から最後まで数百ページをコピー機でコピーし、そのコピーの束を業者に製本させて、日本のグリム研究者に郵送しました。
1冊だけではありません。かなりの数の本をコピー、製本して送りました。
それには、だいぶお金もかかりました。

またある時は、大学の勉強会で発表があり、どうしても分からないことがあるから助けほしいと、発表の前日の深夜にメールを送りつけてきました。
私は、取り急ぎ国際電話をかけてグリム研究者に知恵を貸しました。
しかし、私の助けを「学術的協力」と言ってのけたのです。それも私が一方的な協力しろという口ぶりでした。思わずドイツのど真ん中から福岡に飛んでいき、ぶん殴ってやりたい気になりました。

「学術的協力」なんて言葉を私はそれまでもそれ以後も聞いたことがありません。
国立大学で博士にならんとする者は、「学術的」という枕詞を持ち出せば、どんなことでも許されると思っているようでした。
「学術的」などと大げさな形容詞を持ち出していましたが、それほどまでにあなたはご立派な研究をしているのか?「グリム兄弟と森」が社会に広く役に立つ研究なのか?と思ったほどです。
腹が立った私は、それならばコピー、製本、郵送にかかった経費の一切を即刻払いなさいと迫りました。それ相応の手数料も上乗せしてやりたいほどでした。
しかし、大学院の学生でそんなお金はないと言い出します。お金がないのは、私費で留学しているこちらの方だよ、呆れてしまいました。アカデミックの世界では「学術的協力」というのかもしれませんが、世間一般の常識では「タカる」というのであり、こういうことは「学術的協力」などと呼べるものではなく、アカデミックハラスメントというではないでしょうか。

ハンドルネームが示すとおり、私は東北地方の出身で、後に東日本大震災の被災地となる町で育ちました。3月11日も津波が襲った町にいました。
町には瓦礫がうずたかく積もり、知人も津波の犠牲となりました。
そのグリム研究者は今もメルヘンの世界で生きているのでしょうが、震災の被災地は超現実の世界でした。「グリムと森」など被災地では糞の役に立ちません。
普段の生活でも「グリムと森」など雑学であって、「へぇ~」と頷かれる程度の知識で、決して実学ではありません。「だから、何?」でしょう。
震災を経験して、何か役に立てる人間でありたいと思いを新たにしたものです。

大野さん、あなたは自分以外の誰に誠実でしたか?あなたはこれまでの人生、その時々で他者を都合よく利用して生きてきたのではありませんか?自分の言う「学術的協力」をあなた自身は果たしたのですか?なぜ学ぶ喜びを分け合うことをしないのでしょうか?あなたはこれまで幸せでしたか?