ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

シュタウフェンベルク伯爵の記念碑を再訪

イメージ 1

7月20日は、1944年ドイツでヒトラーを時限爆弾による暗殺が試みられ、失敗に終わった日でもあります。爆弾を仕掛けたのが、クラウス・シェンク・シュタウフェンベルク伯爵でした。

私がかつて暮らしていたゲッティンゲンには、彼の名前を記念したシュタウフェンベルクリング (Stauffenbergring) という環状の道路とバス停があります。

そして、そのすぐ近くにシュタウフェンベルク伯爵を記念する石碑もあります。

今月ドイツのど真ん中であるゲッティンゲンを旅し、再びその石碑を撮影してきました。毎年7月20日には、市民よって石碑には花輪が捧げられます。


WIR
WOLLEN
EINE NEUE
ORDNUNG
DIE ALLE
DEUTSCHEN
ZU TRÄGER
DES STAATES
MACHT UND
IHNEN RECHT
UND GERECH
TIGKEIT
VERBÜRGT

CLAUS SCHENK
DRAF VON
STAUFFENBERG
20. JULI 1944
 
   我々は、すべてのドイツ人を国家の礎にし、
  彼らに法と正義を保証する、新しい秩序を欲する
  クラウス・シェンク・フォン・シュタウフェンベルク伯爵
1944年7月20日