ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ドイツのど真ん中の美味いビール アインベッカー・ブラウヘレン・ピルスナー

イメージ 1

去年の2月からドイツに関するブログを書いてきたのですが、ビールについてはこれまで一度も取り上げてきませんでした。ですが、ドイツのど真ん中にも美味しいビールがあります。ゲッティンゲンから30㎞ほど北にあるアインベック (Einbeck) という町で醸造されるビールで、その名も「アインベッカー (Einbecker)」といいます 。

深緑色のずんぐりとしたガラスの瓶が目印。

かなり苦いのですが、その苦さが美味しいビールです。

アインベッカーのビールは伝統は長く、14世紀までその歴史をさかのぼることができます。その頃アインベックの町では各家庭でビールを醸造することが認めらており、これがアインベックのビールの起源と言われています。

宗教改革マルティン・ルターもアインベックのビールを飲み、「最高の飲み物だ」と褒めたそうです(アインベック・ブラウハウス社の公式ホームページより)。

やがて、あるアインベックの醸造職人の親方が南ドイツのミュンヘンに行き、そこでビールを醸造して、そのビールからアルコール度数の高い「ボックビール」が生まれた、アインベックのベックがなまって「ボックビール」と呼ばれるようになったとも言われます。

ゲッティンゲンにも「ゲッティンガー・ピルス (Göttinger Pils)」 というご当地ビールもあるのですが、是非ともお勧めしたいのは、やはりアインベッカーです。

ドイツのど真ん中を旅する際は、ぜひアインベッカーのビールをお試しください。

金色のピルスナー・タイプのビールが最もポピュラーですが、ボックビール、ドゥンケルといった種類のビールもあります。