ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ゲッティンゲン散策

ドイツのど真ん中2018春の5日目は、前日の約10㎞のハイキングが運動不足の体に堪えたばかりか、お世話になっているお宅の近所のおじいさん宅の庭仕事を手伝うことになりました。

午前中庭仕事を終えて、ニコラウスベルクからゲッティンゲン市内にバスで下りて行きます。バスをゲッティンゲンの駅で下りて、旧市街へと歩きました。

       イメージ 1

この通りをゲーテ通り(Goethe Allee)といい、この通りにある家に文豪ゲーテが逗留しました。

        イメージ 2

1801年7月から8月にかけてゲーテが滞在したことを示すプレートが家の壁に貼られています。ゲッティンゲンの楽しみは、文化人や学者が住んだことを示すプレートが家々の壁に貼られ、それらを見たり探すことでしょう。

        イメージ 3

この家はプロイセン王国ドイツ帝国の鉄血宰相ビスマルクが住んでいた家でBismarck-Häuschen(ビスマルク・ホイスヒェン)と呼ばれ、文字通り訳せば、ビスマルクの小屋とでもなるのでしょう。もともとは中世のゲッティンゲンを囲む市壁の塔でした。

        イメージ 4
中世の防壁はいつしか無用のものとなり、今は気持ちの良い並木道となりました。春の明るく眩しいくらいの新緑に心が軽やかに弾みます。