ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ヨーロッパ・パン博物館 2

イメージ 4

前回ご紹介したエーバーゲッツェンの村にあるヨーロッパ・パン博物館 (Europäisches Brotmuseum)は野外の展示も充実しており、とても楽しいです。

イメージ 1

上の画像はパン屋の馬車です。

イメージ 2

これは200年前の風車です。

イメージ 3

ドイツのMAN製のトラクターも展示されています。

そして、このヨーロッパ・パン博物館では薪窯で焼いたパンやケーキを買って食べることができるのです。

イメージ 5

実は、今回訪れた週のはじめに博物館の敷地にあるパン屋を兼ねたカフェテリアがオープンしたばかりでした。以前は博物館の中にパンを販売するコーナーがありましたが、別棟の広いカフェテリアとなりました。画像の中央の建物がカフェテリアです。

イメージ 6

上の画像が薪窯です。

イメージ 7

イメージ 8

ちょうどお腹が空いた頃だったので、“Max und Moritz Frühstueck (マックスとモーリッツの朝食)”というメニューを注文しました(朝食とありますが、ブランチと理解してください)。値段は6.95ユーロ。

酸味のあるライ麦パンと目玉焼き(スクランブルエッグにすることも可)とニュルンベルク風ソーセージと地元アイヒスフェルトのソーセージ、キュウリのピクルスとちょっとした野菜という内容。

この日はバスで来ていたということもあり、飲酒運転の気兼ねなくビールも頼みました。ただし、オープンしたばかりでビアグラスがまだ間に合わず、ソフトドリンクや水用のグラスを渡されました。

ドイツの町のパン屋も電気窯でパンを焼いているので、薪窯のパンを食べられるのはとてもありがたいものです。

博物館を見学しないで、薪窯のパンだけを買いに来ることも、食事だけすることもできます。

ヨーロッパ・パン博物館とそのカフェテリアへの行き方は、ゲッティンゲン駅前のバス・ターミナル(ZOB)から170番のドゥーダーシュタット(Duderstadt)行きのバスに乗り、エーバーゲッツェン・シューレ(Ebergötzen Schule)で下車。徒歩3分。
パン博物館のカフェテリアCAFÉ BACKSTÜBERLのホームページはこちらをクリック月曜日がお休みです。朝8時30分から17時30分まで営業しています。
現在、パン・博物館内にあるカフェテリアは経営者も変わり、店名も変わりました。
(2019年9月5日)