ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ドイツのど真ん中で古城巡り7 シャーフェンシュタイン城

イメージ 1

今年春のドイツ旅では、ドイツのど真ん中にある古城をいくつか回ってきました。

5月上旬のある日、旧東ドイツテューリンゲン州にある

シャーフェンシュタイン城(Burg Scharfenstein)にはじめて行ってみました。

山の上に立つのが中世の古城、シャーフェンシュタイン城です。シャーフェンシュタインのシャーフ(Scharf)とはドイツ語で羊という意味。シュタインは石という意味ですが、岩や山と意味もあり、羊山城ということでしょう。

イメージ 2

田舎道を走り、城の入り口が見えてきました。

大きな観光バスでやって来たグループの観光客もいました。

          イメージ 3

入口のアーチをくぐり、中庭を抜けると、カフェテリアの広いテラスがあります。

おじさんたちが明るいうちからビールや白ワインを飲みながら会話を楽しんでいました。

イメージ 6

おじさんたちが妙に羨ましく思えて、私もビールで休憩を取りました。ただし、レンタカーだったのでノンアルコールビールです。

    イメージ 4

テラスを横切り、お城の建物を撮影しました。

シャーフェンシュタイン城は西暦1209年にはじめて古文書に登場しており、12世紀の後半には建てられたと考えられています。

はじめはグライヒェンシュタイン伯爵という貴族の城でしたが、後にマインツ大司教の所有となります。

また、その歴史の中で落雷とドイツ農民戦争のために二度焼失を経験し、再建されました。

現在はライネフェルデ・ヴォアビス(Leinefelde-Worbis)市の所有となっています。

イメージ 5

入場は無料で、展望台も兼ねたテラスからはライネフェルデの町を一望できます。

以前、紹介したベアレプシュ城ルートヴィヒシュタイン城は宿泊できますが、シャーフェンシュタイン城に泊まることはできません。

純粋に市民と憩いの場として活用されています。

この時は城の中では、芸術家の展覧会が開かれており、コンサートなどの文化的なイベントにも活用されています。

イメージ 7

城の外は子供たちの遊び場にもなっています。

シャーフェンシュタイン城への行き方は、ゲッティンゲン駅からRB(レギオナル・バーン:ローカル線)でボイレン(Beuren)へ向かいます(途中、アイヒェンベルク(Eichenberg)で乗り換え)。ボイレンの駅から徒歩40分(2.4km)。

あるいは、ゲッティンゲン駅からRE(レギギオナル・エキスプレス:ローカル急行)でライネフェルデ(Leinefelde)まで行きます(これも途中アイヒェンベルク駅で乗り換え)。ライネフェルデのバスターミナル(Leinefelde ZOB)で4番のハイルバート・ハイリゲンシュタット(Heilbad-Heiligenstadt)行きのバスに乗り、ボイレンで下車。徒歩で40分(2.4km)。

シャーフェンシュタイン城はドイツのここにあります。