ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ドゥーダーシュタット 5 ねじれた塔に登ろう

イメージ 9

ドイツのど真ん中にあるアイヒスフェルト(Eichsfeld)という地域、その中心的な町がドゥーダーシュタット(Duderstadt)です。

5月最初の週末は旧市街で市が開かれてました。自動車のディーラーは新車を、花屋さんはたくさんの花を街路に並べ、大いに賑わいました。

さて、ドゥーダーシュタットのシンボルが捻れた屋根を持つ市門がWesterturm(ヴェスタートゥルム:西の塔)です。伝説によれば、市門の屋根は悪魔がねじったのだと言われています。

イメージ 1

ドゥーダーシュタットの西門、ヴェスタートゥルムは現在小さな博物館WESTERTURM - ENSEMBLE(ヴェスタートゥルム・アンサンブル)として公開されており、市門の塔に登ることもできます。

入り口は塔の左側に隣接している木組みの家です。

イメージ 2

中世ドイツの町は市壁でぐるりと囲まれており、ドゥーダーシュタットでは、ヴェスタートゥルムの市門を起点にして市壁が残っています。博物館の中で市壁を見ることができます。

イメージ 3

この博物館は中世のドゥーダーシュタットが市壁と市民によって防衛されたかがテーマ。画像のような昔の石でできた砲弾も展示されています。

イメージ 4

イメージ 5

町を外敵から防衛するための武器であるボウガンや銃、射的の腕を磨くための的も展示されていました。

イメージ 6

スクリーンに映し出された標的を銃やボウガンで射撃する楽しいゲームもあり、高得点を出すと記念のメダルが貰えるそうです。

イメージ 7

博物館の木組みの家のエリアで見学を終えて、塔に登りましょう。

イメージ 8

市門の下を行き来する人たちを真上から見ることもできるのです。

私がかつてドイツで暮らしていた1990年代後半から2000年代のはじめ、ヴェスタートゥルムは倒壊の危険性があり、内部を見学することができませんでした。

その後、長らく改修工事が続きました。ようやく今年ヴェスタートゥルムの中を見学できました。素敵な博物館となっていました。

ヴェスタートゥルム・アンサンブルは火曜から日曜の10時から12時、14時から16時まで開館。月曜日が休館日。入館料は2ユーロ。

ドゥーダーシュタットへの行き方は、ゲッティンゲン駅前のバスターミナル (ZOB) から150番か170番のドゥーダーシュタット (Duderstadt) 行きのバスに乗り、終点で下車。 

ドゥーダーシュタットのヴェスタートゥルムはドイツのここにあります。