ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ゲッティンゲンでソーセージを食べる

今年春のドイツのど真ん中の旅では、お昼ごはんにたびたびソーセージのお世話になりました。

昨年のドイツの旅でアイヒスフェルトにあるソーセージの名店ライネマン(Leinemann)を紹介しましたが、今年はゲッティンゲン市内で食べられる美味しいソーセージを紹介しようと思います。

イメージ 1

こちらはマルクト広場に近いコーンマルクト(Kornmarkt)のバス停の向かいにあるグロックレ(Glöckle)という焼ソーセージ専門のお店。

ドイツのインビス(Imbiss)という立ち食い・テイクアウトのスタイルで、ゲッティンゲン市民は通りの外にあるテーブルで立って食べるか、歩きながらソーセージを食べます。

イメージ 2

グロックレの焼きソーセージ(Bratwurst: ブラートヴルスト)は2ユーロ。

香ばしく焼けて皮がはじけた肉々しいソーセージに好きなだけマスタードとケチャップをかけて食べましょう。バスの待ち時間にささっと食べるのもいいですね。

イメージ 3

もう1店。ゲッティンゲンで目抜き通りヴェーエンダー通り(Weender Straße)にあるヴルフ(Wulff)というゲッティンゲンの肉屋さん。

ヴルフは精肉以外にも数多くのソーセージを製造しており、スーパーの肉売り場でヴルフのソーセージを買うことができます。

ヴェーエンダー通りにあるお店ではソーセージ以外に日替わりの肉料理を店内で食べられます。大体が5ユーロ前後なのが、とても嬉しいです

イメージ 4

こちらがヴルフの焼きソーセージで、1.80ユーロです。これがけっこうお腹にたまり、肉を食った!という満足感が得られることは間違いなし。

この日はドイツから帰国する日のお昼、ゲッティンゲンの駅からICEに乗る前に食べました。

グロックレとヴルフのソーセージ、どちらも甲乙つけがたく、ゲッティンゲンでぜひ食べ比べをしてみましょう。