ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ハイリゲンシュタット アイヒスフェルトの中心だった町 1

ドイツのど真ん中にある、アイヒスフェルト(Eichsfeld)と呼ばれる地域があります。黒い森のシュヴァルツヴァルト(Schwarzwald)やフランケン(Franken)といったドイツの地方のひとつと考えてもらっていいと思います。

ただ、アイヒスフェルトが興味深いのは、ドイツ国内の3つの州にまたがり、冷戦時代には東西それぞれのドイツに分断されていたことでした。
これまでこのブログでは、アイヒスフェルトの中心地としてドゥーダーシュタット(Duderstadt)というニーダーザクセン州にある町を紹介してきました。
今回はアイヒスフェルトのもう一つの中心、ハイリゲンシュタット(Heiligenstadt)を紹介しようと思います。

    イメージ 1

ハイリゲンシュタットは、旧東ドイツテューリンゲン州側のアイヒスフェルトにある、人口1万7千人ほどの小さな町です。

その名前「ハイリゲンシュタット 」を直訳するならば「神聖なる都市」となります。正式にはハイルバート・ハイリゲンシュタット(Heilbad-Heiligenstadt)と言います。

イメージ 2

上にも書いたとおり、冷戦時代に東側の陣営に組み込まれてしまったためにやや時代に取り残されたような鄙びた町です。西側だったならば、もっと賑やかでアイヒスフェルト随一の町のままだったでしょう。しかし、そうならなかったことでタイムスリップしたような感覚をハイリゲンシュタットでは楽しめます。ドイツ語で「フースゲンガーツォーネ(Fußgängerzone)」と呼ばれる歩行者天国となっている町の目抜き通りの商店は1970年頃の感じが漂っていました。

イメージ 3

旧市街の西にあるマインツ城(Mainzer Schloss)と呼ばれる壮麗な城館。このような立派な城は西側のドゥーダーシュタットにはなく、ハイリゲンシュタットがアイヒスフェルトの中心だったことを物語っています。現在はアイヒスフェルト郡(Landkreis Eichsfeld)の庁舎となっています。

イメージ 4

マインツ城の前には冷戦時代の東西ドイツ分断をモチーフにしたモニュメントを見つけました。

            DEUTSCHLAND

               EINIG

             VATERLAND

 

                                            WIR SIND

                                         DAS VOLK


                                           WIR SIND

                                         DAS VOLK

                                                   ドイツは

                                                                    唯一の

                                                                     祖国

 

                                   我々は

                                 その民族である

 

                                我々は

                             一つの民族である

ハイリゲンシュタットはかつてのアイヒスフェルトの中心であり、東西ドイツ分断の最前線の町でした。

ハイリゲンシュタットはドイツのここにあります。