ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ドイツのど真ん中で古城巡り 13 カトレンブルク城

イメージ 1
ドイツのど真ん中 2019初夏の旅では、新たにいくつかの古城を訪れました。
1週間の予定でレンタカーを借りたその日真っ先に訪れたのが、カトレンブルク城(Burg Katlenburg)です。このカトレンブルク城、ずっと気になっていた場所でした。
カトレンブルク城が建つカトレンブルク(Katlenburg)という町の地名をゲッティンゲンから北へ向かって車で走っているとたびたび見かけました。ドイツ語の〇〇ブルクという地名ですが、ブルク(Burg)は「城」という意味で、カトレンブルクにも城があったのだろうかと地図やグーグルマップで調べるうちにカトレンブルクにも城があることが分かりました。
カトレンブルクは、正式にはカトレンブルク・リンダウ(Katlenburg-Lindau)という町で、ゲッティンゲンの北東にあります。その間にはライネベルクラントという山が横たわっています。今年の旅では、レンタカーでその山を超えて城へ行ってみました(上の画像中央、オレンジ色の三角屋根の塔がカトレンブルク城)。

イメージ 2
カトレンブルクの町を見下ろす丘の上に立つ城へ行ってみました。
城は11世紀頃にカトレンブルク伯爵家によって建てられ、ディードリヒ3世夫妻が城に修道院を作りました。しかし子供のなかったディードリヒ3世が亡くなると、カトレンブルク家は断絶してしまいました。
イメージ 3
14世紀には放火に合い修道院は焼け落ち、そしてカトレンブルクもペストの猛威に晒されました。その後城と修道院の主はたびたび代わり、三角屋根の塔は修道院の名残で、今はこの地域の教会となっています。

イメージ 4
つい2年前(2017年)までカトレンブルク城はホテルとレストランとしても営業していたようです。残念ながら今回城を訪れてみると、ホテル・レストランは閉鎖されていました。
しかし、城の敷地は公園のように整備されており、誰でも自由に立ち入ることができます。ご覧なような景色を楽しむことができます。麓のカトレンブルクの町となだらかなと丘とその先にはハルツ山地が城の展望台から望めます。
近い将来、ホテルとレストランが営業再開されることを願います。この景色を眺めながら美味いビールを飲んでみたいものですね。
イメージ 5
黄色く色づきはじめた麦畑の先にカトレンブルク城が見えます。
カトレンブルク城はドイツのここにあります。

     

カトレンブルク城への行き方は、ゲッティンゲン駅からローカル列車(RB)に乗り、ノルトハイム(Northeim)でノルトハウゼン方面行きの列車に乗り換え、カトレンブルク(Katlenburg)で下車し、徒歩で15分ほど。