ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

なんだ、この車は?!

イメージ 1

今年6月のドイツのど真ん中 2019初夏の旅でビールのふるさとアインベック(Einbeck)を訪れ、アインベックの町を歩いていると、目の前をこんな車が走り過ぎていき、びっくり。何だ、この車は?!慌ててカメラを取り出して1枚だけ撮影できました。もちろんメーカー、型式も不明。

昨年冬のドイツ冬の旅で、アインベックの町にある自動車博物館 PSシュパイヒャーを訪れましたが、この町には日本ではお目にかかれない車がわんさかとあります。

しかし、クラシックを通り過ぎてこんなプリミティブな車が公道を走るなんて。これって前々世紀の自動車なのではないでしょうか。それが日本の車検に相当するテュフ(TÜV)を通し、ちゃんとナンバープレートまで付けて走っています。

乗っている男性たちもシルクハットを被っているではありませんか。

推測するに、ナンバープレートに PS の文字があるので、自動車博物館 PSシュパイヒャーが所有する自動車ではないでしょうか(ドイツでは、希望するアルファベットと数字のナンバープレートを取得することが可能です)。

変わった車がたくさん観れるアインベックは、ドイツのここにあります。

      

PSシュパイヒャーでは、今年7月26~28日まで「オールドタイマデー (Oldtimertage)」というクラシックカーが集まるイベントが開催されます。