ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

キュフホイザー、ドイツの巨大記念碑

昨年2018年の春、菜の花の頃にハルツ山地を往復縦断して、キュフホイザー(Kyffhäuser) に立ち寄りきました。

イメージ 1

この日はレンタカーでハルツ山地(Harz)南部のバート・ザクサ(Bad Sachsa)を出発して、ハルツ山地を縦断してクヴェトリンブルク(Quedlinburg)を訪れて、午後3時過ぎに今度はハルツ山地を北から南下し、キュフホイザーに向かいました。

遠くからでも山の上に立つ塔のような建築物が見えます。これがキュフホイザーの巨大記念碑です。ただし、ナビの付いていないレンタカーでは直接に記念碑にたどり着けず、1時間ほど中部ドイツをウロウロ走ってしまいました。この日は気温が30℃近くあり、エアコンなしの車での長距離運転にとうとう頭がボーッとしてきてしまい、記念碑まで登っていくことを断念しました。

そして、今年2019年初夏の旅ではキュフホイザーの記念碑をリベンジ。ドイツ滞在中に記念碑の展望台からの風景をアップしました。

イメージ 2

昨年の旅のブログでお見せすることできなかったキュフホイザーの記念碑(Kyffhäuser Denkmal)の全貌が上の画像の、バカでかい建築物だったのです。

イメージ 3

この巨大記念碑には階段があり、登って近くことができます。

壁面に飛び出した騎馬像はプロイセン王で後のドイツ皇帝フリードリヒ1世です。キュフホイザーの記念碑はドイツ皇帝フリードリヒ1世を記念するためのものです。

騎馬像の反対側に入口があり、階段で塔の天辺の王冠のところまで上っていくことができます。

イメージ 4

1890年から1896年にかけて建てられた高さ81メートルの塔、247段の階段を登りきると、塔の天辺は展望台となっており、東ドイツの広大な景色を眺めることができます。青空に夏の雲が浮かんでいました。

イメージ 5

展望台から下りて、ドイツ皇帝フリードリヒ1世の騎馬像の下には、神聖ローマ皇帝フリードリヒ・バルバロッサの迫力ある像が見えます。

キュフホイザーの記念碑は巨大で迫力があり、いかにもドイツ的な建築物で一見の価値があります。夏休みのドイツを旅行される方はぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょう。

記念碑への入場料は大人が7.50ユーロ、学生が4.50ユーロ。

キュフホイザー記念碑はドイツのここにあります。