ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

ハルツ山地を走る

6月末から7月中旬にドイツを旅し、2度目にレンタカーを借りた3日目。

前日ゴスラー(Goslar)の町に泊まり、ゴスラーからスタート(ゴスラーの町は改めて書こうと思います)。この日は、朝から雨、しかもかなりの勢いの降り方でした。ドライブにも観光にも向かない天気です。

10時にゴスラーを出発し、B6(連邦道6号線)でヴェルニゲローデ(Wernigerode)の町へ向かいました。B6はアウトバーンではないのですが、自動車専用道路となっており、120キロくらいで走りました。1時間ほどヴェルニゲローデの町に到着。

イメージ 1

町を見下ろす山の上にヴェルニゲローデ城がそびえています。

城を見たかったのですが、ヴェルニゲローデは観光にパーク&ライドを採用しており、お城に観光客用の駐車場がありません。

雨の降り方も強かったので、車を下りて城に行くことを諦めました。

イメージ 2
イメージ 3

雨がいくらか小降りになって、旧市街の駐車場に車を止めて、ヴェルニゲローデの町を歩きました。旧市街は石畳で車で走るのも自分の足で歩くのもちょっと大変です。

ヴェルニゲローデはザクセン・アンハルト州にあり、旧東ドイツ側のハルツ山地の町です。ドイツ再統一から30年近く経つのですが、まだそこかしこに共産主義時代の雰囲気が感じられました。

午後1時前にヴァルニゲローデを出発し、ハルツの山中へ。

再び雨の降り方が激しくなり、美しい風景に出会うも写真を撮ることができませんでした。

ハルツ山地の村や小さな町を通り、2時半過ぎにブラウンラーゲ(Braunlage)の町で休憩し、昼食。ここは、西ドイツ側のニーダーザクセン州です。

イメージ 4

雨降りの長距離ドライブで少し疲れたので、リラックスしようとついついアルコールフリーのビール、ブレーメンのベックスを頼んでしまいました。

昼食を済ませて車に乗り込み、ハルツの山を抜け、アイヒスフェルトに入り、5時半にゲッティンゲンで車を返しました。

雨降りの天気でしたが、無事事故もなく走ることができました。

3日間で750キロ余り走りました。