ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

プレッセ城を再訪 2018春

イメージ 1

4月最後の日曜日、ニコラウスベルクの森を通ってプレッセ城(Burgruine Plesse)ハイキングしました。新緑が実に鮮やかな頃でした。プレッセ城は昨夏のドイツの旅でも訪れているゲッティンゲンから最も近くにある中世の古城です。

                     イメージ 2

約2時間、森の遊歩道を歩きました。10キロ以上歩いたのではないかと思われます。

          イメージ 5

午後1時近くにプレッセ城の城門にたどり着くと、子供たちが自転車で走り回っていました。この古城はある意味子供たちの遊び場にもなっているようです。何とも微笑ましい光景でした。

       イメージ 3

2つ目の城門は今年改修工事中で足場が立っていました。

   イメージ 6

昨年の旅ではいい写真を撮ることができずアップできませんでしたが、2つ目の城門を抜けて坂を上ると、プレッセ城の中庭と騎士の間と呼ばれる建物がレストランとなっており、夏場は中庭で食事やコーヒーを楽しむことができます。この日、私は相席になったドイツ人のカップルとビールを飲みながら2時間近くもおしゃべりをしました。本当に楽しい日でした。

   イメージ 4

前回紹介した貴族が所有するベアレプシュ城とはちがい、プレッセ城はニーダーザクセン州の所有となっており、ゲッティンゲンや近くの村の人たちの憩いの場となっています。

プレッセ城はドイツのここにあります。

     
プレッセ城への行き方は、ゲッティンゲン駅前のバスターミナル (ZOB) から185番のホルツァローデ(Holzerode)行きのバスに乗り、エディゲハウゼン・アルテ・ドルフシュトラーセ(Eddigehausen Alte Dorfstaße)で下車し、徒歩。城には無料で入場できますが、北の塔に登る際には入り口にある50セント寄付しましょう。