ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

必見! ドイツの自動車博物館 8

ドイツのど真ん中の少し北、アインベック(Einbeck)の町にある自動車と二輪車の歴史を学べる博物館「PS.SPEICHER(ペーエス・シュパイヒャー)」を引き続き紹介します。

第2次世界大戦中や戦後の冷戦時代の貴重な車両も展示されています。

                  イメージ 1

実物を見たのはこれが初めて、実は今まで名称もよく分からなかったのですが、第2次世界大戦中ドイツで開発生産されたケッテンクラート(Kettenkrat)というバイクと戦車が合体した乗り物。日本語では半装軌車というのですね。バイク版ハーフトラックといった感じですね。NSUSd.kfz.2と思われます。

                 イメージ 2

上の画像の2台の赤い車は第2次世界大戦中、開発が止まっていたのですが、戦後ドイツが東西の2つの国に分裂すると、奇しくも東西両ドイツで兄弟車が誕生したと事例として紹介されていました。右が東ドイツIFA F9、左が西ドイツのDKW F91です。

イメージ 3

こちらは東ドイツトラバントP50(Trabant P50)。現在でも旧東ドイツをドライブしていると、たまにトラバントが現役で走っているのをを見かけますが、それらは601というモデルです。このP50はトラバントとして最初のモデルで、私もこの自動車博物館で初めて目にしました。

このようにアインベックのPSシュパイヒャーでは、初めて目にする珍車のオンパレードで、デジタルカメラのバッテリーがいくらあっても足りない状態でした。

春休みや10連休にドイツを旅行されるという方は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

PSシュパイヒャーはドイツのここにあります。

      

月曜日休館。入館料は大人14ユーロ。ホームページはこちらをご覧ください。

PSシュパイヒャーへの行き方はゲッティンゲン駅から鉄道でアインベック・ミッテ(Einbeck Mitte)まで行き、徒歩約15分。