ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

#ヨーロッパ

ベルリンの壁崩壊30年 余録

ベルリンの壁崩壊から30年周年を迎えました。 ふとベルリンの壁のかけらを持っているのを思い出し、撮影してアップしました。 本物のベルリンの壁のかけらかは不明ですが、壁崩壊から間もない1990年か1991年に西ベルリンで買ったものです。当時3マルクか4…

ベルリンの壁崩壊から30年

今からちょうど30年前、1989年11月9日にベルリンの壁が崩壊しました。若かった私は熱い思いでその模様をブラウン管のテレビで見ていたものです。時代の歯車がダイナミックに動く、まさにパラダイムを見せつけられたようでした。 その翌年、東西のドイツは再…

ドイツ統一の日に  旧東ドイツの痕跡

10月3日はドイツ統一の日(Tag der deutschen Einheit)です。今年6月のドイツの旅では、東西ドイツ分断の歴史に関わる遺物に偶然巡り会いました。 少し前にブログに書いたヴァルケンリート修道院博物館からゲッティンゲンへの帰り道にたまたま旧東ドイツの国…

ドゥーダーシュタット 2019 初夏 ヴェスタートゥルムの裏表

ドイツを旅するたびに必ず足を運ぶアイヒスフェルト(Eichsfeld)という地方のドゥーダーシュタット(Duderstadt)という町。今年の初夏のドイツの旅でもやはり行ってきました。 捩れたとんがり屋根の尖塔はヴェスタートゥルム(Westerturm)という中世の頃の市門…

ハルツ山地にあった大修道院 ヴァルケンリート

ドイツ、ハルツ山地(Harz)の南縁、ヴァルケンリート(Walkenried)という町には、かつて壮大な修道院がありました。ご覧の画像のように修道院の教会の建物は破壊されており、長らく廃墟となっていました。 昨年2018年初夏のドイツの旅では、4月30日の夜にハル…

ドイツ木組みの家街道

ドイツを旅する時にロマンティック街道などの〇〇街道が旅の目的地の候補に上がります。ドイツのど真ん中にある大学町ゲッティンゲンもメルヘン街道上にあり、メルヘンの「ガチョウ番娘リーゼル」が町のシンボルになっています。 さて今回のブログでは、日本…

ドイツのど真ん中で古城巡り 15 マーティンフェルト城

古城巡りで前回ご紹介した古城ホテルのヴォルフスブルネン城に引き続き、今回ご紹介する城も泊まれるお城です。 2018年冬の旅で立ち寄り、今年2019年初夏のドイツの旅で再びアタックしてもずっと工事中だった、天空の城グライヒェンシュタイン城の麓にあるマ…

ドイツのど真ん中

ゲッティンゲンの旧市庁舎とマルクト広場 ハテナブログに引っ越してひと月ほどしか経っていませんが、ブログそのものは2016年の2月にはじめて、今回でちょうど300回目の投稿になります。 「ドイツのど真ん中」と銘打ったこのブログですが、文字通り現在のド…

ヴォルフスブルネン城 2

今年初夏のドイツの旅では、ヘッセン州北部エシュヴェーゲ(Eschwege)の近くにある古城ホテルのヴォルフスブルネン城(Schloss Wolfsbrunnen)に1泊してきました。 ヴォルフスブルネンとは、狼の泉という意味。ご覧のように狼の像がある泉があります。 ルネサ…

ドイツのど真ん中で古城巡り 14 古城ホテルに泊まってみた

これまでドイツのど真ん中にある古城を紹介してきました。 それらの城に中には、ユースホステルやホテルとして活用されている古城もあります。「ドイツの古城に泊まろう!」と書いてきた割に実際に私が泊まったことがあるのは、2016年冬のニュルンベルクの古…

キュフホイザー、ドイツの巨大記念碑

昨年2018年の春、菜の花の頃にハルツ山地を往復縦断して、キュフホイザー(Kyffhäuser) に立ち寄りきました。 この日はレンタカーでハルツ山地(Harz)南部のバート・ザクサ(Bad Sachsa)を出発して、ハルツ山地を縦断してクヴェトリンブルク(Quedlinburg)を訪れ…

木組みの城を再訪

2019年初夏のドイツの旅では、15年ぶりに木組みの城を訪れてきました。木組みの城とは、古城巡り2で紹介したギーボルデハウゼン(Gieboldehausen)の木組みの城のことです。 この城を前回訪れたのは、今から15年ほど前です。 2016年から毎年のようにドイツのど…

アイヒスフェルトの天空の城は……

昨年、2018年冬のドイツの旅で偶然たどり着けた天空の城グライヒェンシュタイン城(Burg Gleichenstein)は改装工事中でした。 そして今年初夏の旅では、再びグライヒェンシュタイン城にアタックしてみました。 グライヒェンシュタイン城を「天空の城」と評し…

なんだ、この車は?!

今年6月のドイツのど真ん中 2019初夏の旅でビールのふるさとアインベック(Einbeck)を訪れ、アインベックの町を歩いていると、目の前をこんな車が走り過ぎていき、びっくり。何だ、この車は?!慌ててカメラを取り出して1枚だけ撮影できました。もちろんメー…

2019 ドイツ麦秋

先月6月のドイツ2019初夏の旅ですが、ドイツのど真ん中の麦畑は黄色く色づきはじめ、麦秋を迎えようとしていました。 ゲッティンゲンの北東にあるカトレンブルク・リンダウ(Katlenburg-Lindau)の麦畑。 稲とはちがい、頭の垂れることない麦の穂は軽やかに風…

ドイツのど真ん中で古城巡り 13 カトレンブルク城

ドイツのど真ん中 2019初夏の旅では、新たにいくつかの古城を訪れました。 1週間の予定でレンタカーを借りたその日真っ先に訪れたのが、カトレンブルク城(Burg Katlenburg)です。このカトレンブルク城、ずっと気になっていた場所でした。 カトレンブルク城…

ゲッティンゲン 2019 初夏

ドイツのど真ん中 2019初夏の旅から帰国して10日が経ち、すぐにドイツが恋しくなっています。6月のドイツは日没が午後9時過ぎで、暗くなるのが10時半頃。昼の時間が長く、たまに雷雨になることもありましたが、総じて晴天に恵まれ、楽しい旅でした。 画像は…

英雄城からの眺め

昨年2019年冬の旅で訪れた英雄の城に今年も再び行ってみました。 昨冬はどんよりとした曇りで暗い背景の写真しか撮れませんでしたが、今年は初夏の青空に恵まれました。 城は、ゲッティンゲンの北約30キロにあるアインベック(Einbeck)という町のザルツデアヘ…

ゲッティンゲンでナチスの痕跡を辿る

昨年冬のドイツの旅では、モーリンゲン(Moringen)にある強制収容所記念施設を訪れました。 かつてモーリンゲンにあったナチスドイツ時代の強制収容所は、ホロコーストの犠牲となったユダヤ人を収容したものではなく、政治犯やナチスによって不適格と判断され…

さよならドイツのど真ん中 2019初夏

13時過ぎのICE(インターシティエクスプレス)に乗り込み、ゲッティンゲンを出発。 ゲッティンゲンでの滞在日程も終わり、今回はフランクフルトではなくミュンヘンに向かいます。 今年初夏のドイツの旅でも行きたい場所のリストを作ってきたのですが、雨降り…

東ドイツ、キュフホイザーからの眺め

ゲッティンゲンを飛び出し、レンタカーで東ドイツへ向かいました。 画像は、テューリンゲン州のキュフホイザー山地からの風景です。 天候にも恵まれ、広大な東ドイツの風景を堪能できました。 キュフホイザーについては、帰国後に改めてブログにアップします…

ここがドイツのど真ん中 2

昨日、ドイツのど真ん中にあるアイヒスフェルト(Eichsfeld)という地域をレンタカーで走っていると、偶然に「ドイツの中心地点」という矢印の標識を発見しました。車をUターンさせて、ドイツの中心があるという丘に向かいました。 道路は途中から舗装されてお…

ルーメクヴェレ、工事は完了していました

昨年2019年春の旅で工事中だったヨーロッパ最大のカルスト泉ルーメクヴェレ(Rhumequelle)ですが、今年改めて訪れてみると、工事は無事終わっていました。画像の手前の露台、水面に突き出ている部分がフロートになり浮いています。 初夏の木漏れ日の下、ルー…

ゲッティンゲン 2019初夏

ドイツのど真ん中 2019初夏の旅は、10連休と夏休みの谷間の時期に来てしまったのですが、期せずして1年でも最も昼の長い時期と重なりました。 日没は午後9時半過ぎで、夜になったなと実感する暗さになるのが10時半過ぎ。 画像は日没の頃、ニコラウスベルク…

麦の穂が出ていた!

聖霊降臨祭の月曜(Pfingstmontag)の祝日、プレッセ城までハイキングしました。 その帰り道、ゲッティンゲンの北にあるニコラウスベルクの麦畑のすぐ脇に出ました。 丘の斜面に広がる麦畑、まだ青々としていますが、穂が出ていました! これが小麦なのか、大…

土曜の市へ 2019初夏

ドイツのど真ん中 2019初夏、滞在中最初の週末はゲッティンゲンで毎週土曜日に開かれる市ヴォッヘンマルクト(Wochenmarkt)に出かけてみました。 この土曜の市は昨年冬の旅にも訪れていますが、屋外で開かれる市はやはり暖かく光溢れる季節の方がいいですね。…

フランクフルト中央駅で

無事にドイツに着きました。ゴールデンウィークの10連休と夏休みの谷間ということなのか、機内はかなり空いており、窓際の3列の席を一人で使うことができました。脚を完全に伸ばせないまでも横になって眠れたので、かなり楽なフライトとなりとてもラッキー…

ドイツのど真ん中 2019初夏

明日から関東も梅雨入りと予想されていますが、その前日の今日、今年もドイツへ向かいます。 蒸し暑くなってきましたが天気は晴れで、雨降りの中の出発とはならず、幸いです。 運よく他社よりも2万円以上安いチケットを購入し、急遽ドイツへ向かうことにし…

ナチスの話

2012年に胃癌で亡くなったドイツ人の親友、ラインハルト・ブルコフスキーが今から15年以上も前に「このドゥーダーシュタットにもナチスの強制収容所(KZ: Konzentrationslager)があったんだぞ!」と私に教えてくれました。 ナチスの強制収容所といえば、アウ…

5月のアイヒスフェルト

昨年、2018年のドイツ冬の旅もそろそろネタ枯れになってしまい、ブログの更新がしばらく滞っています。月が改まる前に久しぶりにブログを書いておこうと思います。 上の画像はドイツのど真ん中にあるアイヒスフェルト(Eichsfeld)という地域の風景です。 アイ…