ドイツのど真ん中!

ドイツのど真ん中、ゲッティンゲンやアイヒスフェルトを紹介しています。

国境地帯博物館を再訪 1

イメージ 1

この7月にドイツのど真ん中を訪れ、12年ぶりにアイヒスフェルト国境地帯博物館 (Grenzlandmuseum Eichsfeld) を再訪しました。

昨年2月にもドイツを旅しましたが、この時は最寄りのドゥーダーシュタット(Duderstadt)に1泊するのみで、国境地帯博物館まで足を延ばすことができませんでした。

この博物館については、このブログで以前にもご紹介しいてます。

今夏のドイツ滞在では、どうしてもまた来てみたいと思っていました。というのも、私が2000年代前半に来ていた頃には、手前のガラス張りの建物はなく、右の方のベージュ色の建物だけでした。いつの間に立派になっていたからです。

博物館の受付の方に質問すると、2010年にモダンなガラス張りの建物を付け足す形で、博物館がリニューアルされたそうです。

イメージ 2

イメージ 3

2010年のリニューアルによって、模型やディスプレイ、プロジェクターが多数導入されて、東西ドイツ分断の時代が分かりやすい展示になっていました。

イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

イメージ 7

リニューアル前から展示されていた、旧東ドイツ側の国境警備のフェンスや国境を示す柱、バイクや 銃、制服などの貴重な資料も見ることができます。

アイヒスフェルト国境地帯博物館へは、ゲッティンゲン駅前のバスターミナル (ZOB) より150番、170番のドゥーダーシュタット (Duderstadt) 行きバスに乗り、終点のドゥーダーシュタットのバスターミナル (ZOB) で下車し、1番のバスに乗り換えてタイストゥンゲンブルク (Teistungenburg) 下車。

アイヒスフェルト国境地帯博物館のホームページはこちらをクリック。

入館料は大人4ユーロ、学生や高齢者が3ユーロ。月曜日が休館。

アイヒスフェルト国境博物館はドイツのここにあります。